土壌活性剤エヌケイ-52微生物の働きで土壌改良。全ての農業、畜産業の方へお届けしたい有機栽培への近道資材

土壌活性剤エヌケイ-52 中村産業 全ての農業、畜産業の方へお届けしたい有機栽培への近道資材 野菜イメージ
     
エヌケイ-52とは
 
製品概要
製品一覧
開発施設紹介
利用者の声
試験実施情報
 

ユーザーサービス
 
作物別使用例
お問い合せ
 

これからの農業を考える
 
今月のワンポイント
研修会実施情報
農業お役立ちリンク集
 

 
NK-52トップページ
 

 
グループトップページ
 
 
|利用者の声|施用例レポート

 
 
全国たくさんの方々からいただいた施用後の感想を掲載しています。
具体的な施用例は「作物/産地別使用例」に順次掲載していきますので、そちらも併せてご覧下さい。また、「施用方法」ボタンの付いている記事に関しましてはボタンをクリックして頂くと具体的な施用例をご覧いただけます。
 
夏大根:宮城県桃生郡 F.Aさん
収量は計算していないが、収穫皆無だった畑で大根が欠株ゼロで穫れた事が何よりも嬉しい。母親が隣接の石巻市まで行商に行くがお客様より良い大根とほめられひっぱりだこであった。
 
レンコン:山口県大津郡 M.Nさん
収量は10aあたり2.5tと、前年に比べ変わらなかったが、腐敗病の発生がまったく見られず、側根も1級品になり大変美味しいと評判となった。市場では同業者に比べ、約1割高値で取引されている。
 
露地スイカ:山口県豊浦郡 R.Eさん
例年、べト病の発生でも悩まされていた圃場であったがエヌケイ施用区では、根の活力の為か全く発生が見られなかった(対照区では例年のごとく発生した)また、ツルワレ病の発生はなく8月末まで2番果、3番果が採れ非常に味が良かった。
 
ブロッコリー:宮城県遠田郡 J.Aさん
エヌケイ施用区 700ケース(1ケース2kg入)
エヌケイ非施用区 400ケース(同上)
施用区はミミズが大発生、ネコブがまったく無くなった。そのせいか地上部の草勢がちがい、大きさ、色もよくのった。
 
麦:佐賀県北川副町 K.Aさん
まず、前年までの平均収量350kgが500kgになった。シマイシュク病がほとんど発生しなかった(気が付かない程)。一部発生しても広がらない。例年は麦ふみ後ワーッっと広がった。エヌケイ未施用区は相変わらず発生がみられた。それに周囲が倒状しても全く倒状がなかった。にぎってみるとわかる位にしっかりした茎になり近所でも評判であった。
 
ハウスイチゴ:島根県安来市 A.Sさん
従来は、石灰チッソによる太陽熱消毒をおこなっていた。今年は都合でできなかったが、まったく病害はでなかった。色のり、味、特に日持ちが優れ、全体として草姿が自然にでき周囲の他作に比べ格段の差が見られた。また、成りづかれがなく前年までの平均収量4.5t/10aが5t/10aとなった。
初めてエヌケイ-52を試用したが、予想以上の効果があった。1作のみでの判定では結論は出せないが非常に特異な資材であることには間違いない。引き続き次作にも使うつもりである。
 
葉たばこ:宮崎県西臼杵郡 G.Iさん
前年までは、上物:下物が50:50であったが、上物:中物が50:50となり下物がなくなった。また、立ち枯れが2〜3本程出た程度であった。2〜3年使ってみないとわからないが、クロルピクリンを使わずにとにかく良く出来た。

利用者の声|施用例レポート|
施用例レポート  
日付をクリックするとレポートをご覧いただけます。
レポート作成日 作物/種別 産地
2013年4月29日   肥育・酪農  大分県・福岡県 
2013年4月15日  ニラ   大分県佐伯市
2011年2月25日  ニンジン  宮崎県小林氏 
2009年11月6日  葡萄  大分県宇佐市 
2009年8月11日 スイカ 福岡県三潴郡大木町
2006年3月15日 ブロッコリー、キャベツ等 福岡県大野城市
2004年4月20日 オクラ 鹿児島県指宿市
紹介ビデオより4 畜産 福岡県前原市
紹介ビデオより3 キャベツ 熊本県阿蘇郡
紹介ビデオより2 トマト 熊本県阿蘇郡
紹介ビデオより1 稲作 福岡県山門郡
2003年7月30日 ピーマン・ナス 福岡県田川郡
 
土壌活性剤エヌケイ-52 中村産業開発株式会社

Coptright (c) 2003 Nakamura Sangyo Kaihatsu. All rights reserved.